BLOG

マッサージは効果的?科学的に解説

皆さんこんにちは!☺️

QUALITASトレーナーの櫻井です!
前回は筋膜について解説しましたね。
今回はマッサージについて!

街に出ると60分2980円! 
「ほぐしマッサージ! 癒しマッサージ! マッサージで全て解決!」
なんて看板があふれています

人々が疲れているのか? マッサージ好きの国民性なのか? 
とにかく日本にはマッサージ店が多すぎる!😂

また、その種類もスポーツマッサージ、アロママッサージ、指圧マッサージなど実に多様です。

一体なぜこれほどマッサージが人気なのか?
今回はマッサージについて解説!


研究から見たマッサージで得られる効果

研究的にはマッサージで得られる効果はどのようなものでしょうか?

前提として重要なのが刺激の程度です!

弱すぎる刺激や強い刺激ではなく「ほどよい刺激」が効果が高いようです。

ほどよい刺激で得られる効果としては

1、痛みの緩和

2、心拍の安定とストレスホルモンの低下

3、免疫力への効果

があると言われています。

これらの効果が得られるメカニズムの考察もあります。

1、痛みの緩和

これは昔から「ゲートコントロール理論」という説明がされています。

ゲームコントロール理論では、痛みを「ゲート」という視点で考えます。
痛いというゲートをマッサージの刺激により閉じ、感覚を変えてやることで痛みを感じにくい状態にします。

痛いという感覚は主観的なものなので、本人が痛いと感じたら痛いものです。

その痛みをゲートのコントロールで感じなくすることで一過性ですが痛みを解消します。

最近は、痛みを感じやすい場所(例えば背骨の関節や腰)には自由神経終末という
触覚や痛みを感知するセンサーが存在し、その自由神経終末へマッサージ刺激を加えるとによって、
感覚を変化させて痛みを緩和させているという事も言われています。

2、心拍の安定やストレスの緩和

迷走神経トーンの変化によって心拍の安定やストレス緩和が起こると言われています。

迷走神経とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、脳神経の一つです。

主に副交感神経からなり心拍の調整や内臓を動かしたり、ホルモンの分泌など多くの機能を担っている神経です。

マッサージによって、この迷走神経のトーンが変化すると心拍が安定したりストレスが緩和します。

結果、リラックス状態をもらたしてくれると考えられています。

 

3、免疫力への効果

これはマッサージにより、「ナチュラルキラー細胞」の活動が活性化するためと言われています。

「ナチュラルキラー細胞」はよく知られているように、ウイルスなどの外敵が来た時に
体を守るために戦ってくれる細胞です。

マッサージの刺激によりナチュラルキラー細胞が活性化し免疫力が高まるという人もいます。

 

「コリ」への効果は!?

言葉としてはよく使われますが、そもそも「コリ」とはどんなもの?

実は体のコリというものは定義として完全に明確になっているものではありません。

かつては虚血などから起こる筋肉の硬結などと言われていました。

しかし、エコーでよく観察すると、実際に筋肉の形状が変化しているものもあれば、
特に状態が変わらないケースも多く見られます。

形状が変化しているケースでは、筋肉の線維レベルでの強い負荷や過剰疲労により血管が圧縮し、
組織へのエネルギー供給が低下。痛みに敏感になっている部分があります。

例えばデスクワークにおいては肩甲骨を絶えず安定させていますので、
肩甲骨周りの特に肩甲挙筋、菱形筋などは過負荷になりやすくなります。

これらはよく肩こりを感じる部位でもありますね。

筋肉にも水分がありますし、その周りには筋膜と誤訳されているFasciaも存在します。
その性状の変化により「コリ」のような状態になっているとも言われています。

「コリ」を何とかしたい!!から強く揉まれないといけない!と思っている方は要注意です。

強く揉まれるという感覚が慢性的になってしまうと、その刺激にも慣れてしまいます。

その結果、強い刺激を求めてコリを感じ続けるという悪いサイクルを繰り返してしまいます!Σ(・□・;

自分でやっても効果があるの!?

セルフでやった場合、素人でも効果があるのか疑問を持たれる方はおおいでしょう。
また、俗に筋膜リリースと言われるものでセルフマッサージしている方も多いかと思います

まず、筋膜リリースでは「筋膜」はリリースできません。(前回のブログをご覧ください!)

筋膜リリースという言葉が誤認と共に独り歩きして、
あたかも棒でゴリゴリしたら筋膜という強固なコラーゲン繊維組織が破壊できるかと
誤解してしまいますが、筋膜リリースといわれるものは実際は自分で行うただのマッサージです。

そのセルフマッサージではお店で受けるマッサージと同じ効果が得られるのでしょうか?

セルフマッサージでも可動域の向上や神経の緩和といった効果は期待できます。

またドクターエアーを使ったような振動マッサージはより可動域向上や神経緩和の効果が高いです

しかし、ストレスの緩和という観点から調べた研究によると、
セルフマッサージではストレス緩和効果は期待できなかったとの事です。

 

まとめ

体が凝った、疲れたからといって毎回毎回マッサージに行くのは経済的にも負担ですよね。。。

普段のコンディショニングとしての筋肉の緩和などはセルフでも可能です。

しかしながら、本当に精神的にも疲弊してしまった状態だと自分では解決しきれないので、
マッサージ店に駆け込むのも一考かと思います。

そのようなお悩みなどありましたら是非QUALITAS神楽坂店にご相談ください☺️


【神楽坂・飯田橋】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら


体験レッスンはこちらから

お問い合わせはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事

アーカイブ

月を選択