BLOG

マッサージ後の好転反応はいいことなの?エステティシャンが解説

みなさん、こんにちは!
パーソナルジムQUALITASエステティシャン仁木です😸

みなさんはエステなどを受けた後、体がだるかったり、頭痛などの症状が起こったことはありませんか?
そのような症状が起こると不安に思いますよね。

しかしそれは体の悪い部分を良くするために体全体がバランスを整えようとしている好転反応と呼ばれるものかもしれません。
好転反応は、エステを受けられる方は特に知っておいてほしいので、本日は好転反応について説明していきます。


好転反応とは

好転反応とは、治療によって体の状態が改善されることで、一時的に体に表れる反応のことです。
リンパマッサージなどによって血液やリンパの流れが促され、体の状態が良くなっていく際にも好転反応が出ることがあります。
なお、沈着して間もない毒素は先に排出され、体の深部にたまった古い毒素は後から排出されます。
そのため、多くの毒素をため込んでいた方ほど好転反応が長く続きやすいと言われています。
また、誰でも必ず感じる症状ではなく、症状の度合いや期間には個人差があります。


好転反応が起こることは悪いことではないのですが、好転反応の中には病気と見分けられるものもあります。

以下のものが好転反応の症状となります。

1.不調な状態と並行して、良くなる症状も確認できる場合
不調な状態や症状と同じタイミングで、良くなっていると感じる症状も出ていれば、それは好転反応の可能性が高いです。
例えば、「湿疹が出ている一方で、便通が良くなった」などがあります。

2.我慢できる軽度の不調や不快感の場合
下痢や頭痛など病気と同じような症状であっても、好転反応ですと、その症状は比較的軽度であることが多いです。
例えば、「広範囲に湿疹ができたが、皮膚に痛みもかゆみもない」などがあります。

不調な状態ばかりが続いたり、我慢できないほど辛いなどといったときは、他の病気の可能性もあります。
そのときは自己判断せずに、すぐに医師の判断をあおぎましょう。

 


辛い症状をやわらげる対処法

好転反応の症状が見られたときは、体の循環やバランスを促す対処方法を心掛けると○です。
好転反応自体に体の循環やバランスを改善させようとする働きがあるので、そこをさらにサポートすることで、
よりスムーズな回復が期待できます。

好転反応の症状を感じたら、以下のことを試してみてください。

1.水分をたくさん摂る
水分をたくさん摂り、体内の老廃物を排出する循環を促しましょう。常温の水やぬるま湯が○。

2.温かい湯船に浸かる
発汗を促して代謝を上げることで、自然な回復を促しましょう。

3.横になるなどして、休む
発熱、だるさなどを感じるときは、無理をせずに横になりゆっくり休みましょう。

4.ストレッチやウォーキングなどの運動をする
動くことで体の循環を促して、老廃物を排出しやすい体に近づけます。
※だるさや発熱があるときの運動は控えましょう。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか?

当店でも痩身機器を当てた後にリンパマッサージをするため、今回は好転反応について書いてみました💫
マッサージの後にだるさなどがある場合、それは体の循環がよくなっている可能性が高いです!
もし好転反応があるときは、あまり無理せずに上記のことなどを試し回復を待ちましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました^^


【神楽坂・飯田橋】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら


体験レッスンはこちらから

お問い合わせはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事

アーカイブ

月を選択

カテゴリー