BLOG

紫外線についてQUALITAS管理栄養士が解説!

皆さんこんにちは!☺️

QUALITAS南青山店&神楽坂店の野澤です!

昨日はすごく天気がいい一日でしたね。

でも晴れてると気になるのが、紫外線。
紫外線は夏場が特に気になりますが、今の冬場でも強い時があります。

紫外線に負けない肌づくりに必要な栄養素についてお伝えします!👏


紫外線とは

そもそも紫外線とは、太陽から出ている光線の一種で、
これを浴びることによってシミやソバカス、肌のシワやたるみ、炎症を引き起こす原因となります☀️

紫外線には波長の長さや性質によってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があり、
波長が一番短いUV-Cは地表にはきません。

実際に地表に届くのはUV-A、UV-Bです☝️

ちなみに、日焼け止めの効果でSPF、PAという表示を見かけると思いますが、
SPFはUV-Bに対する防止効果、PAはUV-Aに対する防止効果に指標を表示しています。

 

皮膚は私たちが触ることのできる表皮と、その下にある真皮、最下層にある皮下組織の3層で構成されています。

さらに皮膚の外側の層である表皮は、上から角層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層から構成されます。

紫外線を浴びることで基底層にあるメラノサイト(色素細胞)の働きが活性化され、メラニンが作り出されます。

本来メラニンは細胞を守るために作り出されるのですが、このメラニンが過剰に作り出されてしまうと色素が沈着してシミとなるのです。


美しい肌を保つために重要な栄養素

 

美しい肌を保つために重要な栄養素は3つあります。
①タンパク質
タンパク質は身体を構成する大切な栄養素です。体内では保持できないため毎食の摂取が大切ですよ^^

②ビタミンC
ビタミンCはコラーゲンの生成に関わる栄養素です。
また、メラニンの生成を抑える効果もあります。
果物以外にも、ピーマン、パプリカ、ブロッコリーといった野菜にも含まれています。

③ビタミンE
血行をよくしてくれる働きがある他、ターンオーバーを促す働きがあります。
Eはアーモンドやピーナッツといったナッツ類や、アボカド、うなぎ、かぼちゃに含まれていますよ^^

④亜鉛
肌の主成分であるたんぱく質の合成を促進する働きや、新陳代謝を促す働きがあるます。貝類や豚レバー、牛肉に含まれています。

上記の栄養素を意識して健康かつ美しいお肌を保ちましょう!❤︎

野澤でした!


【神楽坂・飯田橋】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら


体験レッスンはこちらから

お問い合わせはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事

アーカイブ

月を選択

カテゴリー